制作フローFLOW

eishisのサイト制作・システム開発のフローをご紹介します。

STEP 01

企画

要件を固める

コンセプト、ターゲット、目的を決めます

サイトやサービスを作る際、大事なことは「誰がどんなときに使うものか」を最初に決めることです。
これが曖昧なまま公開しても、使われることのないサイトやサービスとなってしまいます。
eishisでは、誰が使うのか、どんなときに使うのか、何のために使うのかなどをお客様と一緒に突き詰めて企画を作っていきます。
また、具体的にどのデバイスに対応するのか、いつまでに作り終えるか、どんな機能を開発するのかなど要件を固めていきます。

企画

STEP 02

デザイン

最適なUXを追求する

企画から形に落とし込む

固めた要件から、デザインに落とし込んでいきます。
2パターン提案することもあれば、ご要望次第でもう何パターンかデザイン案をご提示することも可能です。
企画フェーズで定めたターゲットのユーザー体験を損なうものではないか、UX(ユーザー体験)を最適化できるかどうかを大事にし、デザイン化していきます。

デザイン

STEP 03

システム開発

必要な機能をシンプルに開発

デザインに動きを加える

デザインしたものにシステムを加えていきます。
例えば予約システムのデザイン部分作成が終わり、このフェーズで実際に予約をする、ユーザー登録をする等の機能を開発していきます。
一度に作り切るより、まずは必要な機能に絞った開発をすることをお勧めしています。
シンプルに開発し、また後々メンテナンスしやすい見やすいプログラミングを心がけています。

システム開発

STEP 04

保守・運用

攻めと守りの保守運用

使われ続けるサービスへ

開発が完了し、公開されたサイトやサービスを保守・運用していきます。
サーバの監視などはもちろん、アクセスやユーザ登録数などサービスを成長させる為のKPI(重要な評価指標)を定め、それを達成する為のご提案や改善もします。
またデータ計測やパフォーマンス監視の為のサービス導入や管理もお手伝いしていきます。

保守・運用

サイト制作の流れ