スマートフォン向けページ作成Smartphone Development

スマートフォンは今やPCを追い抜きインターネットへのアクセスの主流となっています。
今や世帯保有率は70%を超え、ECサイトなどではサイトアクセスの7割以上がスマホからのアクセスというサイトも多いようです。

eishisが選ばれる理由STRENGTH

POINT 01

ご要望に応じた制作

レスポンシブ・専用サイトどちらにも対応

スマートフォンのページでは、大きく分けて2種類の制作方法があります。
それがレスポンシブデザインスマートフォン専用サイトデザインです。

レスポンシブデザインでは、1つのページをPCやスマートフォンなど、画面のサイズがどんなものでも表示されるようにページを作ります。
つまり1つのページについて、どのサイズのときにどんな表示にするかを設定することで、画面サイズが可変となった場合の対応ができるのです。

一方、スマートフォン専用サイトデザインでは、PCやスマートフォンなどデバイスごとに表示させるページを切り替えます。
1つの表示させたいページにつき、デバイスごとにファイルを作るようなイメージです。
スマホ版とPC版サイトで大きくデザインを変えたいときなどは有効です。

eishisでは、お客様のご要望に応じどちらのデザインも承ります。
また、事前にどちらにするか決めていただかなくても、お話を伺った上でご要望にそったものをご提案します。

レスポンシブ・専用サイトどちらにも対応

POINT 02

最新の技術も網羅

AMPやPWAも対応

Webの世界の進化は非常に早く、1年も立てば新しい技術や手法が確立されていきます。
例えば以前であれば動画ページは表示に時間がかかり、特にモバイルでは嫌煙されていましたが、今は通信速度やブラウザの処理スピードの向上もあり、当たり前のように使われています。
その中でも今後流行していくだろうと言われている技術がAMPPWAといったものです。

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、Googleなどが主導で進めているモバイル端末のウェブページ高速化プロジェクトです。
AMP用のページを作ることで、ローディングがほぼ無く表示される為、ユーザーの満足度を上げることができます。
またAMP用の記事など最適化することで流入も増やすことができます。
実際にeishisのクライアントで50%もサイトへの流入を増やすことができた企業もいらっしゃいました。

PWA(Progressive Web Apps)とは、Googleなどが主導で進めている、Webサイト経由でインストールできるアプリケーションのことです。
少し乱暴な言い方をすれば、既存のWebサイトをアプリ化することができる技術です。
本格的な純正のアプリと異なり、AppStoreなどの審査もいらずオフラインでもサイトを見ることが可能です。
まだ事例は多くはありませんが、今後Webサイトとモバイルアプリケーションの中間の位置づけとして広まっていくだろうと、非常に注目されている技術です。

AMPPWAは、技術的に実現が難しいこともドキュメントで日本語のものが少ないこともあり、嫌煙される制作会社さんも多くあると聞きます。
eishisは、デザインだけではなくテクノロジーも強みとしており、こういった新しい技術への対応も得意としております。

最新の技術も網羅

POINT 03

サイト分析と改善

スマホならではのPDCA

例えばスマートフォンユーザーは、文字が詰まった文章よりも画像やコンパクトに詰まった文章を好みます。
その代わりに流し見しながらもサイトの一番下まで確認する場合が、PCよりも多く見られます。
このようにPC版サイトとスマートフォンサイトでは、特徴も効果のあるコンテンツも異なります。

eishisでは、このようなPCサイトと比較したスマートフォンサイトの特性を活かし、問い合わせや商品購入など成果を出せるスマートフォンサイトをご提案します。
具体的には、訪問ユーザーの動きがわかるヒートマップと呼ばれるツール等を使用し、より効果のあるサイト制作に向け計測・施策実施・改善を繰り返していきます。

分析し改善し続ける運用
まずは気軽にご相談

サービス内容CONTENT

サービス名

スマホページ作成

目安金額

¥150,000〜 (金額はプロジェクトごとに変化します、詳しいお見積もりはお問い合わせフォームよりご連絡ください)

サービス内容

  1. 1. デザイン作成
  2. 2. SPコーディング
  3. 3. サイトの分析・改善

納期

着手より1ヶ月以内(こちらのリソースによって目安よりも早く仕上がる場合がございます)

納品物

HTMLコード、デザイン案(png)、CSSコード、サーバーへの設置、分析レポート

ご用意いただきたい データ

写真素材、サイトのイメージ、構成など
(ご用意できる範囲内で結構ですが、ご用意いただいけるものが多いと早く仕上がります)

進捗の連絡方法

チャットツール、スカイプ、メールなど

目安打ち合わせ回数

3-5回
無料でお見積もり